注意

【選択必修領域】と【選択領域】については、同一科目名の講習を選択することはできません。

【必修領域】

「eラーニングによる教育の最新事情」

講師 濱名 篤(関西国際大学教授)
川嶋 太津夫(大阪大学教授)
加藤 彰彦(沖縄大学名誉教授)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  本講習では、AIの発達や様々な分野でのグローバル化が進展する今日、日本や海外諸国が、どのように教育改革を進めようとしているのかを、各国の教育政策や教育実践の紹介を通じて理解を深める。 さらに「子ども観と教育観の形成」、「子どもの成長とその支援」、「子どもの生活環境の変化」を紹介することにより、子どもについての最新の知見を提供する。
サンプル動画


「中・高教員のためのeラーニングによる教育の最新事情」

講師 濱名 篤(関西国際大学教授)
川嶋 太津夫(大阪大学教授)
加藤 彰彦(沖縄大学名誉教授)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  特に中・高教員向けの講習として、AIの発達や様々な分野でのグローバル化が進展する今日、日本や海外諸国が、どのように教育改革を進めようとしているかを、各国の教育政策や教育実践の紹介を通じて理解を深める。 さらに、「子ども観と教育観の形成」、「子どもの成長とその支援」、「子どもの生活環境の変化」を紹介することにより、子どもについての最新の知見を提供する。
サンプル動画


【選択必修領域】

教育相談への期待と課題――不登校・いじめの克服をめざして――

講師 加藤 彰彦(沖縄大学名誉教授)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  教育の役割は教科学習が中心だが、その根底には社会人(自立した市民)として育てるという役割もある。 そのためさまざまな問題(不登校、いじめなど)を抱え苦しんでいる子どもたちの相談にのり、課題を共有しつつ乗り越えていく支援をすることが重要である。問題を子どもと共有しつつ、家庭、学級の生徒、学内外とも協力し、課題を解決し、また教育のあり方を改善していくことも目指していく。
サンプル動画


健やかな子どもの生と性を育むために――性の人権、科学、道徳について考える――

講師 村瀬 幸浩(元一橋大学講師)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  本講習ではまず、「性」について子どもたちに学ばせることの意義、必要性を理解していただく。つぎに、人の生命のなりたち(出産・出生)について、さらに「からだ」と「性」、「心」が成長し変化しながら大人になっていく状況を説明したい。 最後に、人権・科学・道徳的観点からどのような指導、アドバイスがふさわしいかを紹介したい。
サンプル動画


情報教育の基礎と教育へのICT活用

講師 有賀 清一(桜美林大学講師)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  本講習では、最初に情報の基礎を概説し、情報リテラシーと情報モラルとは何かを説明し、扱い方次第で危険なものであることを理解していただく。ついでICTを活用することによってコミュニケーションがいかに豊かになるかを理解していただく。具体的には、アクティブラーニングやeラーニング作成方法など、授業運営に活用できるノウハウを提供したい。
サンプル動画


学校危機管理 ――3つのLackの視点から――

講師 蔦澤 元晴(早稲田大学大学院講師)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  近年、学校の内外には「学校危機」に直結する様々な問題が起き、その度に学校危機管理のありようが問われている。本講習では、「学校危機」は何故に起きるのかを3つのlack(欠如)という視点から考察するとともに、その未然防止(リスクマネジメント)のあり方や手法、心構え等についても考えていきたい。
サンプル動画


学校、家庭、地域との連携と協働

講師 加藤 彰彦(沖縄大学名誉教授)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  現代の子どもの成長を支える機能は、学校教育だけではその内容の多様さと複雑さのため限界があることは明らかである。そこで、子どもたちの生活している地域社会をもう一つの学びの場として位置づけ、地域社会との連携をはかりつつ協力し、子育てすることが必要となってくる。 本講座では、学校を地域に開き、家庭・地域と連携して学ぶ新たな学校教育のあり方を考察し、地域づくりの拠点としての学校のあり方をめざす教育論を展開する。
サンプル動画


人権、共生、道徳に関する性の学習――思春期の性と生を育てる――

講師 村瀬 幸浩(元一橋大学講師)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  思春期を境に子どもたちのからだ、こころは大きく変化する。その変化は性意識、性行動にあらわれやすく、子どもたちを不安にし悩ませることになる。このことについて指導する人たちは改めて深く理解し、子どもたちが直面する自立の課題に立ち向かえるよう援助したいものである。また性の問題は人権と相即不離であるとともに人の生き方、道徳とも深くかかわるテーマでもあることをわからせ指導したい。本講習では性の問題をとおし、道徳教育や指導についても考える。
サンプル動画


様々な教育課題をかかえる学校の現状と組織的対応

講師 大和久 勝(元埼玉大学講師)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  本講座では、様々な教育課題をかかえる学校の現状を踏まえ、組織的対応の必要性、学校組織の一員として行動するマネジメント・マインドの重要性、学校・家庭・地域社会との連携の在り方などについて考察する。いじめの問題、不登校や虐待の問題、発達障害理解の問題、保護者の問題などは、組織的対応をいかにつくり出していくかが問題解決のカギとなることを理解していきたい。
サンプル動画


「問い」を生きる教師へ――教員の自己吟味力を高めるために――

講師 安積 力也(元基督教独立学園高等学校長)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  生きづらさを抱えて苦しんでいる子ども達が多い今、教員の「心のバリアフリー」の理解が必要とされている。教師は「自分を知る量」までしか、生徒を理解できない。問われるのは、教師自身の「自己吟味力」である。なおも人間教育(子どもが固有の「私」になる教育)を志すならば、常に問いつづけるべき「自問」がある。学校を巡る近年の状況の変化と、私自身の苦しかった教師経験を語りつつ、いくつかの本源的な「自問」を提示して、受講者の自己理解に供したい。
サンプル動画


「聴く」教師・「待つ」教師へ――日本聾話学校の教育が問いかけてくること――

講師 安積 力也(元基督教独立学園高等学校長)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  子どもが思春期以降、心のバリアのない真の自立をするために、乳幼児期に経験しておくべきことは何なのか。そのために幼稚園教員に何が問われているのか。先天性聴覚障がい児の「言葉(音声言語)」を育てる教育を探求し続けてきた日本聾話学校の現場からの知見を中心に、両親ガイダンスのあり方を含め、近年の学校を巡る状況の変化や問題提起的な話しをしたい。本講習は子どもの成長を支える教員の参考となる内容が多く含まれていることから、幼稚園教諭以外も対象とする。
サンプル動画


子どもの貧困問題と学校教育

講師 加藤 彰彦(沖縄大学名誉教授)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  学校を巡る状況の変化の中で、殊に問題化している貧困とは何か。また貧困と子どもの成長に相関関係はあるのかを検討した上で、子どもの生活実態のデータをもとに考察する。 また、制定された「子どもの貧困に関する大綱」の理解のため、内容を解説する。
 その上で、学校現場で何ができるか、具体的に実践例を示しつつ考える。
 全ての子どもが通う学校には、他の専門機関、地域の方々とも協力し、総合的に子どもを支え、成長させていくプラットフォームとしての役割があることを確認する。
サンプル動画


耳をひらく、心をひらく――音から育む人間の豊かな感性、創造性――

講師 宮内 康乃(東京学芸大学講師)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  「ユニバーサルデザイン2020行動計画」(29.2.20関係閣僚会議にて決定)において、教員の「心のバリアフリー」の理解のための取組みが必要とされたように、近年の学校を巡る状況は大きく変化しており、その理解と対応が強く求められている。本講座では、学校を巡る近年の状況の変化を学ぶとともに、誰でも参加できるシンプルなアプローチで、素直な感性を開き、世代や人種を越えた多様な人たちとのコミュニケーション能力や、自由な創造性を養っていく(心のバリアフリー)方法を、実践例を示しながら紐解いていく。
サンプル動画


【選択領域】

教育相談への期待と課題――不登校・いじめの克服をめざして――

講師 加藤 彰彦(沖縄大学名誉教授)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  教育の役割は教科学習が中心だが、その根底には社会人(自立した市民)として育てるという役割もある。 そのためさまざまな問題(不登校、いじめなど)を抱え苦しんでいる子どもたちの相談にのり、課題を共有しつつ乗り越えていく支援をすることが重要である。問題を子どもと共有しつつ、家庭、学級の生徒、学内外とも協力し、課題を解決し、また教育のあり方を改善していくことも目指していく。
サンプル動画


健やかな子どもの生と性を育むために――性の人権、科学、道徳について考える――

講師 村瀬 幸浩(元一橋大学講師)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  本講習ではまず、「性」について子どもたちに学ばせることの意義、必要性を理解していただく。つぎに、人の生命のなりたち(出産・出生)について、さらに「からだ」と「性」、「心」が成長し変化しながら大人になっていく状況を説明したい。 最後に、人権・科学・道徳的観点からどのような指導、アドバイスがふさわしいかを紹介したい。
サンプル動画


情報教育の基礎と教育へのICT活用

講師 有賀 清一(桜美林大学講師)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  本講習では、最初に情報の基礎を概説し、情報リテラシーと情報モラルとは何かを説明し、扱い方次第で危険なものであることを理解していただく。ついでICTを活用することによってコミュニケーションがいかに豊かになるかを理解していただく。具体的には、アクティブラーニングやeラーニング作成方法など、授業運営に活用できるノウハウを提供したい。
サンプル動画


学校危機管理 ――3つのLackの視点から――

講師 蔦澤 元晴(早稲田大学大学院講師)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  近年、学校の内外には「学校危機」に直結する様々な問題が起き、その度に学校危機管理のありようが問われている。本講習では、「学校危機」は何故に起きるのかを3つのlack(欠如)という視点から考察するとともに、その未然防止(リスクマネジメント)のあり方や手法、心構え等についても考えていきたい。
サンプル動画


学校、家庭、地域との連携と協働

講師 加藤 彰彦(沖縄大学名誉教授)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  現代の子どもの成長を支える機能は、学校教育だけではその内容の多様さと複雑さのため限界があることは明らかである。そこで、子どもたちの生活している地域社会をもう一つの学びの場として位置づけ、地域社会との連携をはかりつつ協力し、子育てすることが必要となってくる。 本講座では、学校を地域に開き、家庭・地域と連携して学ぶ新たな学校教育のあり方を考察し、地域づくりの拠点としての学校のあり方をめざす教育論を展開する。
サンプル動画


人権、共生、道徳に関する性の学習――思春期の性と生を育てる――

講師 村瀬 幸浩(元一橋大学講師)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  思春期を境に子どもたちのからだ、こころは大きく変化する。その変化は性意識、性行動にあらわれやすく、子どもたちを不安にし悩ませることになる。このことについて指導する人たちは改めて深く理解し、子どもたちが直面する自立の課題に立ち向かえるよう援助したいものである。また性の問題は人権と相即不離であるとともに人の生き方、道徳とも深くかかわるテーマでもあることをわからせ指導したい。本講習では性の問題をとおし、道徳教育や指導についても考える。
サンプル動画


様々な教育課題をかかえる学校の現状と組織的対応

講師 大和久 勝(元埼玉大学講師)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  本講座では、様々な教育課題をかかえる学校の現状を踏まえ、組織的対応の必要性、学校組織の一員として行動するマネジメント・マインドの重要性、学校・家庭・地域社会との連携の在り方などについて考察する。いじめの問題、不登校や虐待の問題、発達障害理解の問題、保護者の問題などは、組織的対応をいかにつくり出していくかが問題解決のカギとなることを理解していきたい。
サンプル動画


「問い」を生きる教師へ――教員の自己吟味力を高めるために――

講師 安積 力也(元基督教独立学園高等学校長)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  生きづらさを抱えて苦しんでいる子ども達が多い今、教員の「心のバリアフリー」の理解が必要とされている。教師は「自分を知る量」までしか、生徒を理解できない。問われるのは、教師自身の「自己吟味力」である。なおも人間教育(子どもが固有の「私」になる教育)を志すならば、常に問いつづけるべき「自問」がある。学校を巡る近年の状況の変化と、私自身の苦しかった教師経験を語りつつ、いくつかの本源的な「自問」を提示して、受講者の自己理解に供したい。
サンプル動画


「聴く」教師・「待つ」教師へ――日本聾話学校の教育が問いかけてくること――

講師 安積 力也(元基督教独立学園高等学校長)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  子どもが思春期以降、心のバリアのない真の自立をするために、乳幼児期に経験しておくべきことは何なのか。そのために幼稚園教員に何が問われているのか。先天性聴覚障がい児の「言葉(音声言語)」を育てる教育を探求し続けてきた日本聾話学校の現場からの知見を中心に、両親ガイダンスのあり方を含め、近年の学校を巡る状況の変化や問題提起的な話しをしたい。本講習は子どもの成長を支える教員の参考となる内容が多く含まれていることから、幼稚園教諭以外も対象とする。
サンプル動画


子どもの貧困問題と学校教育

講師 加藤 彰彦(沖縄大学名誉教授)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  学校を巡る状況の変化の中で、殊に問題化している貧困とは何か。また貧困と子どもの成長に相関関係はあるのかを検討した上で、子どもの生活実態のデータをもとに考察する。 また、制定された「子どもの貧困に関する大綱」の理解のため、内容を解説する。
 その上で、学校現場で何ができるか、具体的に実践例を示しつつ考える。
 全ての子どもが通う学校には、他の専門機関、地域の方々とも協力し、総合的に子どもを支え、成長させていくプラットフォームとしての役割があることを確認する。
サンプル動画


耳をひらく、心をひらく――音から育む人間の豊かな感性、創造性――

講師 宮内 康乃(東京学芸大学講師)
時間 6
対象職種 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要  「ユニバーサルデザイン2020行動計画」(29.2.20関係閣僚会議にて決定)において、教員の「心のバリアフリー」の理解のための取組みが必要とされたように、近年の学校を巡る状況は大きく変化しており、その理解と対応が強く求められている。本講座では、学校を巡る近年の状況の変化を学ぶとともに、誰でも参加できるシンプルなアプローチで、素直な感性を開き、世代や人種を越えた多様な人たちとのコミュニケーション能力や、自由な創造性を養っていく(心のバリアフリー)方法を、実践例を示しながら紐解いていく。
サンプル動画